山西ドラゴンズ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

立命館大学 研究者学術情報データベース English>> TOPページ TOPページ > 山中 司 (最終更新日 : 2024-04-17 18:53:16) ヤマナカ ツカサ 山中 司 YAMANAKA Tsukasa 所属 生命科学部 生物工学科 職名 教授 業績 その他所属 プロフィール 学歴 職歴 委員会・協会等 所属学会 資格・免許 研究テーマ 研究概要 研究概要(関連画像) 現在の専門分野 研究 著書 論文 その他 学会発表 その他研究活動 講師・講演 受賞学術賞 科学研究費助成事業 競争的資金等(科研費を除く) 共同・受託研究実績 取得特許 研究高度化推進制度 教育 授業科目 教育活動 社会活動 社会における活動 研究交流希望テーマ その他 研究者からのメッセージ ホームページ メールアドレス 科研費研究者番号 researchmap研究者コード 外部研究者ID その他所属 1. OIC総合研究機構 稲盛経営哲学研究センター   2. 生命科学研究科   学歴 1. ~2004/03 慶應義塾大学 総合政策学部 総合政策学科 卒業 2. ~2006/03 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 政策・メディア 修士課程 修了 3. ~2011/03 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 政策・メディア 博士課程 修了 博士(政策・メディア) 職歴 1. 2006/09 ~ 2008/03 北陸大学 未来創造学部 非常勤講師 2. 2008/04 ~ 2011/03 立命館大学 言語教育センター 外国語嘱託講師 3. 2011/04 ~ 2013/03 立命館大学 生命科学部 生命医科学科 任期制講師 4. 2013/04 ~ 2015/03 慶應義塾大学 SFC研究所 上席所員(訪問) 5. 2013/04 ~ 2018/03 立命館大学 生命科学部 生物工学科 准教授 全件表示(13件) 委員会・協会等 1. 2023/06 ~ 一般社団法人大学英語教育学会 (JACET) 第1号事業委員会:JAAL in JACET, 委員会委員長 2. 2023/06 ~ 2024/03 一般社団法人大学英語教育学会 (JACET) 産学連携事業成果出版特別委員会:委員長 3. 2023/04 ~ 2025/03 一般社団法人大学英語教育学会 (JACET) 関西支部:研究企画委員;委員長 4. 2022/02 ~ IEEE Transactions on Education Reviewer 5. 2021/10 ~ 2023/03 一般社団法人大学英語教育学会 (JACET) 運営委員会副委員長 (研究促進委員会) 全件表示(10件) 所属学会 1. IEEE Professional Communication Society, Japan Chapter 2. 一般社団法人 大学英語教育学会 (JACET) 研究テーマ 1. プロジェクトの手法を用いた大学英語教育の有効性とその評価に関する研究 現在の専門分野 外国語教育, 言語学, 教育学, 哲学・倫理学 (キーワード:プロジェクト、プロジェクト発信型英語プログラム、自己肯定感、自律的学習者、プラグマティズム、コミュニケーション能力、大学英語教育) 著書 1. 2024/03 『AI・機械翻訳と英語学習:教育実践から見えてきた未来』 │ (共著)   2. 2024/03 『ビジネスコミュニケーションのための英語力:英語の壁を打ち破ったビジネスパーソンの成長要因』 │ (共著)   3. 2024/01 CNN News English: Engaging College Students as Active Leaners │ (共著)   4. 2023/09 『英語教育と機械翻訳:新時代の考え方と実践』 │ (共著)   5. 2023/03 『英語ライティングの指導:基礎からエッセイライティングへのステップ』 │ (共著)   全件表示(18件) 論文 1. 2024/03 英語学習ツールを利用した個別最適化学習と学習者のモチベーション : VR・スマホアプリ・英会話を活用した学習法の比較 │ 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集 │ 20,25-36頁 (共著)   2. 2024/03 必修英語授業におけるChatGPT活用の試み │ JAAL in JACET Proceedings │ 6,65-68頁 (共著)   3. 2023/11 Actual Usage of Machine Translation by Japanese University Students and Verification of Test Results │ English Language Teaching │ 16 (11),83-94頁 (共著)   4. 2023/11 プロジェクト発信型英語プログラム:プラグマティックに逞しくやり取りする力を育む (第1特集 児童生徒の自律性を引き出す:プロジェクト型学習のすすめ) │ 『英語教育』November 2023 │ 72 (9) (単著)   5. 2023/10 Philosophy of Data Science for Corpus Linguistics: A Pragmatic Point of View │ Annals of the Japan Association for Philosophy of Science │ 32,47-73頁 (共著)   全件表示(72件) 学会発表 1. 2023/12/02 必修英語授業におけるChatGPT活用の試み (第6回 JAAL in JACET学術交流集会) 2. 2023/08/31 Past, Present, and Future of Teaching Writing: Bridging the Gap of High School and University (大学英語教育学会(JACET)第62回国際大会) 3. 2023/08/30 Business English Communication Skills - An Investigation Into the Contemporary Status of Business Communication Proficiency and its Implications for Advancement: A Qualitative Interview Study (ビジネスコミュニケーション力の現状と育成への示唆: インタビュー調査から) (大学英語教育学会(JACET)第62回国際大会) 4. 2023/08/19 ニュース素材を用いたオンライン英語力診断テスト「CNN GLENTS Basic」の妥当性検証の試み (第48回 全国英語教育学会 香川研究大会) 5. 2023/07/20 Pedagogical impacts of automated writing evaluation system on both students and teachers in English learning environments in Japan (AILA 2023) 全件表示(45件) その他研究活動 1. 2018/02/13 ~ 2018/02/13 寄稿: 英語に過剰な謙遜不要 (日本経済新聞 2018年2月13日(朝刊・電子版) 私見卓見) 2. 2017/01/17 ~ 2017/01/17 寄稿: 英語を「話す」と「書く」の溝 (日本経済新聞 2017年1月17日(朝刊・電子版) 私見卓見) 3. 2007/04 ~ 2008/03 日本学術振興会特別研究員(DC2) (研究テーマ: コミュニケーションを重視した大学英語教育における発信能力の評価:埋論とモデル提示) 講師・講演 1. 2024/03/19 AI・機械翻訳と英語学習:教育実践から見えてきた未来 (オンライン) 2. 2024/03/13 対談「英語学習はAIで只今激変中!?」AI・機械翻訳と英語学習:教育実践から見えてきた未来 (紀伊國屋書店 新宿本店 3階 アカデミック・ラウンジ) 3. 2024/03/05 生成系AIの教育への活用方法 (基礎編) (オンライン) 4. 2024/02/29 英語教育をもっと自由に!:プロジェクト発信型英語プログラム 5. 2024/02/25 ChatGPTが与える語学教育への破壊的インパクト:古い英語教育のおわりと新たな英語教育のはじまり (京都タワーホテル 橘の間) 全件表示(65件) 受賞学術賞 1. 2021/06 立命館大学 2020年度「コロナ禍での教育・研究・社会貢献におけるグッドプラクティス」 (「オンライン配信・発信のための設立と付随するサポートシステムの構築」) 2. 2021/06 立命館大学 2020年度「コロナ禍での教育・研究・社会貢献におけるグッドプラクティス」 (「短期プログラム開発と留学効果検証の取り組み」) 3. 2009/05 立命館大学 2008年度立命館教職員評価制度にもとづく評価・報奨 4. 2008/07 日本コミュニケーション学会 学会奨励賞(第38回年次大会にて) 5. 2006/03 慶應義塾大学SFC大学院(修士課程) 加藤賞 科学研究費助成事業 1. 2018/04 ~ 2020/03 教育的ダイナモとしての「利他」精神の言語哲学的考察とその還元:大学英語教育を例に │ 基盤研究(C)   2. 2014/04 ~ 2017/03 大学英語教育におけるコーソーシングの展開とその評価のための基礎研究 │ 基盤研究(C)   3. 2012 ~ 2014/03 英語熟達度とコミュニケーション能力一般の関係の検討:大学英語を事例とした基礎研究 │ 若手研究(B)   4. 2009 ~ 2011/03 大学英語教育における「プログラム評価」の導入及びその戦略的汎用化のための基礎研究 │ 若手研究(B)   5. 2007 ~ 2007 コミュニケーションを重視した大学英語教育における発信能力の評価:埋論とモデル提示 │ 特別研究員奨励費   共同・受託研究実績 1. 2021/04 ~ 2022/03 SDGsをプラットフォームとした新たな教育パラダイムの創出・実践・量的評価指標の開発 │ 機関内共同研究 │ 研究所重点研究プログラム 2. 2021/04 ~ 2022/03 教育における利他の学問的追求:感謝研究・SDGsにおけるマイプロジェクトと利他の両立 │ 受託研究 3. 2020/04 ~ 2021/03 SDGsをプラットフォームとした新たな教育パラダイムの創出・実践・量的評価指標の開発 │ 機関内共同研究 │ 研究所重点研究プログラム 4. 2020/04 ~ 2021/03 大学教育分野における方法論としての利他の実証と啓蒙:授業・留学・英語教育 │ 受託研究 5. 2019/04 ~ 2020/03 SDGsをプラットフォームとした新たな教育パラダイムの創出・実践・量的評価指標の開発 │ 機関内共同研究 全件表示(9件) 研究高度化推進制度 1. 2021/09/012022/03/31 研究支援制度分類:Postコロナ社会 提案公募研究プログラム種目:-Post コロナ × DX × 最先端英語教育:VR 技術を用いた英語自律学習環境の開発と実装 2. 2017/042018/03 研究支援制度分類:研究推進プログラム種目:科研費獲得推進型教育的ダイナモとしての「利他」精神の言語哲学的考察とその還元:大学英語教育を例に 3. 2016/042017/03 研究支援制度分類:研究所重点研究プログラム種目:-発信型英語コミュニケーション能力を評価する指標(PEP-R)の策定と運用:グローバル社会の新時代型英語教育の共通評価モデルとして(社会システム研究所) 4. 2015/072016/03 研究支援制度分類:研究推進プログラム種目:若手研究英語能力評価論の理論的限界の考察と「プラグマティック評価論」モデルの実装:論文“A Nice Derangement of Epitaphs”を問題提起とした新たな評価論パラダイムの模索 5. 2014/072015/03 研究支援制度分類:研究推進プログラム種目:若手研究英語能力評価論の理論的限界の考察と「プラグマティック評価論」モデルの実装:論文“A Nice Derangement of Epitaphs”を問題提起とした新たな評価論パラダイムの模索 教育活動 ●その他教育活動上特記すべき事項 1. 2018/04 教養科目(B群) 科目担当者「Theme Study」 2. 2015/01 高校等の模擬講義: 立命館附属高校「アカデミック・ナビゲーション・ディ」を担当。 3. 2014/04 「PEP-R」(Project-based English Program References)の策定のための諸活動 4. 2008/04 生命科学部・薬学部 英語プログラム部会 総務担当 社会における活動 1. 2019/06 ~ 一般社団法人インパクトラボ 理事(非常勤) ホームページ 生命科学部・薬学部 「プロジェクト発信型英語プログラム」Project-based English Program (PEP) メールアドレス 科研費研究者番号 30524467 researchmap研究者コード 6000029467 © Ritsumeikan Univ. All rights reserved.

バカラ三枚目 アルゼンチンプリメーラ・ディビシオン ギャンブル控除率 【日本語完全対応で安心安全のボンズカジノ】Bons Casino ...
Copyright ©山西ドラゴンズ The Paper All rights reserved.